格安バスでも過ごしやすいから安心!【乗客が退屈しないようにする】

安価で快適に移動

バス

マナーには注意を

最近の格安バスは安かろう悪かろうというイメージとは異なり、ゆったりと過ごせる設備を備えた車両が少なくありません。それでも長距離の移動になりますから、ちょっとした気遣いで快適にもなれば不愉快な経験をすることもあります。とりわけ夜行の格安バスを利用するときには、乗客同士がお互いにマナーを守ることが大切です。ほとんどの格安バスではリクライニングシートを採用していますが、座席を倒すときには後ろの席の人に一声かけるようにしましょう。大きく倒すと後ろの席のスペースが狭くなるため、人によっては怒り出してトラブルになる可能性があります。前もって声をかけておけば、互いに不快な印象を持たずに過ごせるでしょう。格安バスの中では携帯電話をマナーモードにして、通話はしないのが基本的なマナーです。また夜行バスでは消灯時間が決まっているので、それ以降はスマートフォンやゲーム機を利用しないようにしてください。小さな明かりでも暗闇の中では目立ってしまい、眠れなくなる人がいます。スマホの充電は可能ですが、バスのバッテリーにも容量の限度があるため、長時間の利用は控えましょう。サービスエリアなどで休憩を取る場合、出発時刻は厳守してください。乗客数を確認せずに出発することは基本的にはありませんが、遅れると他の乗客に大きな迷惑をかけてしまいます。たいてい休憩時間は10分ほどなので、用事があればできるだけ手早く済ませることが大切です。