格安バスでも過ごしやすいから安心!【乗客が退屈しないようにする】

バス会社の選び方

男性

安全性の目安とは

便利で安価な格安バスは利用者が急増していることから、新規に参入するバス会社も増えています。利用者にとっては選択肢が増え、競争原理で値段も安くなるため歓迎したいところですが、一方で安全性に対する疑問の声も聞かれます。バスの点検整備がしっかり行われているか、運転手が過重労働になっていないかは、格安バスの会社選びで重視したいポイントです。ひとつの目安として、日本バス協会や都道府県バス協会に加盟しているかどうかが挙げられます。加盟していなくても格安バスの営業はできますが、この協会を通して国や都道府県からの指導が行われるため、加盟していれば安全性に対する意識が高いと判断できます。長距離移動の際の安全点検や運転手の交代は法律で義務付けられていますが、なかには厳密に守られていない格安バスもあると言われています。バス会社のホームページがあれば、安全への取り組みが紹介されているので、確認しておくと良いでしょう。意識の高いバス会社であれば、乗車した際にも運行予定や運転手の交代予定をしっかりとアナウンスしています。安全以外で気をつけたいポイントは、利用のしやすさです。新規参入した格安バス会社は、ターミナルからかなり離れた場所が乗り場になっていて、初めて利用する人には分かりにくい場合があります。道に迷って出発時間に遅れたりすると大変なので、あらかじめ確かめておきましょう。そして時間には余裕を持って行動することが大切です。